急診室暴力! 男子疑不滿久候 怒扔推車進護理站

又發生急診室暴力事件!上個月9日,宜蘭一位民眾因為肚子不舒服,到羅東醫院掛急診室,沒想到做完檢查,疑似等報告時間有點久,男子一時情緒不穩暴怒,直接拿起小推車,扔向護理站,一名護理師直接被砸到,其他人全嚇壞。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

反送中戰火燒到企業 寶礦力撤TVB廣告

香港反送中事件,戰火延燒到企業界。知名的日本運動飲料,寶礦力,香港分公司疑似因為立場不同,撤下香港TVB的廣告,雖然贏得了部分民眾的力挺,卻也引發大陸方面的不滿。在大陸代言寶礦力的女團,就發表聲明,擁護大陸政府立場,不再跟這個品牌合作。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

味全龍尚未落腳高雄 日職人氣球星確定加盟

味全龍隊才剛剛宣布重返中華職棒,至於主場會在哪,高雄市運動發展局搶先宣布,味全龍將會落腳高雄,味全龍今天招開新秀加盟會,證實主場還在評估,並沒有落腳高雄,可以說是打臉高雄市政府,但是可以確定的是,味全龍請來日本職棒人氣球星川崎宗則加盟,川崎宗則不但親自出席記者會,還用中文介紹自己。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

蔡英文任內第7度出訪 前往加勒比海友邦12天

總統蔡英文再度拚外交!這次出訪加勒比海友邦。這也是蔡英文任內第七度出國,這次全程總共12天,其中4天過境美國引來各界關注,總統也強調這次會透過網路,即時報告成果給國人知道。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

全國暴紅開山里 空屋現大量病媒蚊 嚇壞防疫員

疾管局傳錯登革熱範圍的簡訊,造成台南開山里一夕爆紅,被戲稱是全國最大里,而開山里這裏的疫情真的讓防疫人員擔心,因為防疫人員打開里內一處透天空屋,病媒蚊蜂湧而出,地下室還有大量病媒蚊的幼蟲,嚇得防疫人員連忙噴藥。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

最新》調查局官員轉傳蘇揆丟筆不實訊息 法務部長:痛心

行政院長蘇貞昌丟筆的影片,被附上不實訊息不斷轉發,就連調查局高雄市調查處的副處長,收到訊息後,未經查證也轉發,調查局火速將他調離非主管職,對於調查局接連出包,下午法務部長表達痛心。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

平潭高雄海上客運開通 首航報名搶破頭

今年初,福建平潭往返高雄的貨運開通,而今天兩地之間的「海上客運」也正式啟航,吸引了七百多名大陸遊客搶搭。 【全新東森新聞APP】一手掌握全世界→https://goo.gl/Ui51Xe #東森新聞 #EBC #最新時事

【全国の天気】暑い西と梅雨寒の東 気温で列島二分(19/07/11)

きのうから西日本で大雨となっていて、きょうはまとまった雨雲が東日本に進んできています。現在、東海で雨が強まっている所があります。関東でも降ってきていて、あすにかけて傘の出番です。 今後の雨の予想です。今夜も東海で降り続き、関東でも夜遅くなるほど本降りとなりそうです。その後、夜中には東北でも崩れてきます。あす朝の通勤時間帯は東北で雨脚が強まり、関東でも雨が残りそうです。あすの日中は北海道でも降ってきて、夕方以降は沿岸部で風もやや強く吹きそうです。 そして、あす日中は、この雨でぐずつくエリアと天気回復エリアで気温が二分しそうです。あす昼間の気温分布に切り替えると、関東から北日本は25度未満、20度未満の黄色や黄緑のエリアが広く、特に太平洋側は連日の肌寒さからあすも抜け出せません。一方で、西日本から東海は赤い30度以上のエリアが広がり、真夏日地点数は5日ぶりに100地点を超えそうです。湿度も高く、ムシムシ感がさらに増しそうです。 《全国の予報》 ■最高気温。鹿児島や松山、高松などで31度、広島でも5日ぶりの真夏日です。また、長野でもきょうより6度高く、30度予想です。一方、東京は23度と8日連続25度未満で、仙台では21度止まりです。 ■天気は東日本・北日本でぐずつきますが、名古屋から長野、新潟の雨は朝まででしょう。西日本は、太平洋側中心に晴れ間が出そうです。 ■週間予報。土曜日は、九州と北海道中心に雨が降りそうです。日曜日からは西日本から関東で広く雨になり、また強く降る所もありそうです。沖縄は、真夏の青空が続きます。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

隣に座る田口被告との結婚を口に・・・傍聴した記者報告(19/07/11)

共犯の被告が結婚の意思まで明らかにするという異例の裁判になりました。法廷内の雰囲気、そして2人の様子、どんな様子だったでしょうか。 (鈴木彩加記者報告) 事件の法廷にもかかわらず、はっきりとした口調で2人が将来を約束するような発言をし、予想外の展開に驚きました。裁判が始まってからしばらくはどちらかというと2人はよそよそしい雰囲気でした。ただ、それぞれの被告人質問が始まると一変します。田口被告は「彼女と交際を続けていきたい」「今後2人で注意しながら生きていけたら」と述べ、小嶺被告は机に目線を落とし、時折涙を流しながらじっと聞いていました。そして、小嶺被告も「今後、交際を続けるなら結婚したいと思っています」と発言しました。あくまでも事件の裁判ではありますが、今回法廷の場で、2人の結びつきがいまだに強いことが明らかになりました。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

赤ちゃんへの初プレゼント 安い「偽物」にすり替え(19/07/11)

赤ちゃんに贈られる「伝統工芸品」が「偽物」にすり替えられていました。事業を担っていたNPO法人の代表とは連絡が取れなくなっています。 赤ちゃんへの初めてのプレゼント。伝統工芸品の「漆塗りのスプーン」が全くの偽物にすり替えられていました。山形県長井市では2017年から、赤ちゃんが生まれた市内の家庭に地元の伝統工芸品による育児用品など13製品3万円相当をプレゼントしていて、これまでの2年間で343人に贈られました。企画したNPOの代表は町おこしで有名な女性起業家。市内の職人らがこのNPOに品物を送り、NPOがそれらを詰め合せて市に送っていました。その中に入っているはずだったのが漆塗りのスプーン。5000円で納品されたものです。しかし、なぜかせいぜい1000円程度とみられる安物のウレタン塗りスプーンに替えられていたのです。 本物のスプーンを制作していたのが市内の漆器工芸家・江口忠博さん。NPOからの代金未払いに加え、当初、予定された数と注文数が違うことなどから市に問い合わせをします。 江口漆器工芸・江口忠博さん:「『110(セット)しか納めていないけど、今、どうなってる?』と問い合わせしたら、(市に)もう140セット納まっていると。あれ?その差の30セットはどうしちゃったんだろう」 そこで、江口さん自身がベイビーボックスを確認したところ。 江口漆器工芸・江口忠博さん:「もう笑ってしまうくらい驚きましたよ。この信用毀損という状態を一刻も早く解消したい」 本物の漆塗り工芸は制作に膨大な手間と時間がかかります。 江口漆器工芸・江口忠博さん:「(NPO代表)は『箱は違うけど、中身は同じ』と市に申告して納品していたようなんです」 江口さんは伝統工芸品にスポットが当たるということで、事業の趣旨に賛同。今年度も納品を続ける準備を進めていました。 江口漆器工芸・江口忠博さん:「NPO代表の方が『江口さんから令和元年度は納品を断られました』と(市に)虚偽の申告を」 「新たな命の誕生を、家族、友人、地域、行政、他人みんなで祝福したい。」このNPOの代表とは江口さんも市も現在、連絡が取れない状態が続いています。 江口漆器工芸・江口忠博さん:「地域おこしで移住しようとした。最初の思いをもっと大事に起業家として華々しくデビューしてから随分、変わられてしまった。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp