死亡した人などに誤って送付 135人に投票所入場券(19/07/12)

秋田県ですでに死亡した人や転出した人に参院選の投票所入場券を誤って送付するミスがありました。 秋田県湯沢市の選挙管理委員会によりますと、市内の福祉施設から3月に死亡した人に投票所入場券が届いたと連絡があり、調べたところ、すでに死亡した16人と転出した有権者119人の合わせて135人に対して誤って投票所入場券を送っていたことが分かりました。住民票を取りまとめる際の事務ミスが原因で誤って送られた投票所入場券は使われていないということです。湯沢市選管は「単純な事務ミスでご迷惑をお掛けし申し訳ない」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp